Report
すきまばめの家

2019.07.07

竣工

残っていた玄関の石貼りも終わり、無事竣工となりました。スリットから入り込んでくる光が綺麗です。

2019.07.02

外構

素敵な模様の大きな石が貼られました。石の廻りにはグランドカバーの緑も植えられ、成長して表情が変わっていくのが楽しみです。
木柵も設置され、ブラックベリーが成長して覆いつくされ、収穫できるのが楽しみです。

2019.06.25

浴室

湿式の浴槽が仕上がりました。北側の開口からの柔らかい光が壁のタイルを照らします。

2019.05.30

ロフト

ロフトのルーバー床が設置されました。この上にアクリル板が載ります。立体的に光を廻すことを考えています。

2019.04.12

天井

リビング天井に、細やかな柔らかさを感じる杉板が貼られ始めました。
仕上げが始まり、割付や納まりの最終調整、しぶとく最善をつくします。

2019.03.28

外壁

今回はガルバリウムの中波板を外壁に採用しています。
一番長いところで7mの板を一枚貼りで張っているのですが、都内の道路事情もありこれが地味に結構難しいのです。
お施主様が現場に来られた時にこれに気付かれて(←さすが!)、1枚だ、すごい!大変でしょう!とねぎらって下さいました。現場は気付いてもらったことに喜びを隠せず、特に現場監督はいい笑顔。影の苦労が報われるひと時でした。

2019.02.09

上棟式

棟があがり、屋根も無事にかかった所で、上棟式を行いました。
お施主様に職人さんたちをねぎらって頂き、設計者としても嬉しい一時でした。
今回の現場は穏やかですが精励恪勤の空気が流れています。
空間の形も現れ、外壁の色も決まり、全体像が見え始めました。

2019.02.05

建方

快晴の空の下、建方が行われました。
前面道路に電線が架かっている事もあり、クレーン車を使わずに総勢11人の人力による建方で、職人さんの掛け声だけが聴こえる静かさがとても新鮮でした。キビキビと作業頂きスムーズな進行となりました。
© ikedayukie onotoshiharu architects all rights reserved.